您好,欢迎来到日本购物网! 请登录 免费注册 [德国站] [帮助中心]
8:30-12:00/13:00-18:30
400-668-2606
無傷完品 九谷焼 人間国宝 吉田美統 釉裏金彩大山蓮花文 飾皿 超大型作品50㎝ 本物保証美品/共箱/桐箱 希少超大皿 送料無料保険付
無傷完品 九谷焼 人間国宝 吉田美統 釉裏金彩大山蓮花文 飾皿 超大型作品50㎝ 本物保証美品/共箱/桐箱 希少超大皿 送料無料保険付 [浏览雅虎原始页面]
当前价:3100 日元(合212.04人民币)

加价单位:100 日元/6.84 人民币

一口价:1190000 日元 合 81396.00 人民币
当前最高出价者: 出价次数:6
距结束:
271527.0775655
手动刷新
升级包月会员,免预付款出价! 《会员制说明》
卖方资料

卖家账号:kiki3333sy

卖家评价:好评:4402 差评:3

店铺卖家:不是

发货地址:愛知県

商品信息

雅虎拍卖号:f348449053

结束时间:10/13/2019 18:56:04

日本邮费:卖家承担

可否退货:不可

开始时间:10/06/2019 18:56:04

商品成色:新品

自动延长:可

个 数:1

提前结束:可

最高出价:

拍卖注意事项

1、【自动延长】:如果在结束前5分钟内有人出价,为了让其他竞拍者有时间思考,结束时间可延长5分钟。

2、【提前结束】:卖家觉得达到了心理价位,即使未到结束时间,也可以提前结束。

3、参考翻译由网络自动提供,仅供参考,不保证翻译内容的正确性。如有不明,请咨询客服。

4、本站为日拍、雅虎代拍平台,商品的品质和卖家的信誉需要您自己判断。请谨慎出价,竞价成功后订单将不能取消。

5、违反中国法律、无法邮寄的商品(注:象牙是违禁品,受《濒临绝种野生动植物国际贸易公约》保护),本站不予代购。

6、邮政国际包裹禁运的危险品,邮政渠道不能发送到日本境外(详情请点击), 如需发送到日本境外请自行联系渠道。




九谷焼 人間国宝 吉田美統 釉裏金彩大山蓮花文 飾皿 超大型作品50㎝ 本物保証 美品 希少な超大皿 送料無料保険付発送

商品説明
九谷焼 人間国宝 吉田美統 釉裏金彩大山蓮花文 飾皿 超大型作品50㎝ 本物保証 美品 希少な超大皿 送料無料保険付発送

◆直径約50㎝とこれほどまでに大きなお皿は滅多に出てこないと思います。
大変希少な作品となっております。圧巻です。
当時300万円ほどで叔父が購入しております。写真も残っています。
ご不明な点やご質問がありましたら質問欄にメールアドレスを入れて頂ければ非公開にてお返事させて頂きます。

国指定重要無形文化財釉裏金彩保持者。
釉裏金彩とは一般的な金彩が釉薬の上に金を貼り付けるのに対し、
多彩な形に切り抜いた金の上に透明な釉薬をかけて焼き付けた素晴らしい技法です。
■作品名 釉裏金彩大山蓮花文
■作 家 三代 吉田美統(よしだみのり)
■技 法 釉裏金彩(ゆうりきんさい)
■箱 桐箱紐通し
■サイズ 径 50cm
 
重要無形文化財「釉ゆう裏り金きん彩さい」 保持者:吉田美統

石川県立美術館学芸主幹 南 俊英

吉田美統

重要無形文化財「釉裏金彩」
指定年月日:平成13年7月12日

保持者:吉田美統
認定日:平成13年7月12日
昭和7年生 石川県在住

【重要無形文化財および保持者のプロフィール】

 釉裏金彩は,陶磁器の器地に金箔や金泥等の金彩を用いて文様を描き,その上に釉薬を掛けて焼き上げる制作技法である。我が国における金彩は,江戸時代以降有田や九谷等の地で独自の発達を遂げてきたが,釉裏金彩はその金彩の技法の伝統?展開の中で生み出された陶芸技法である。
 吉田美統は,石川県小松市の九谷焼?赤絵金襴手あかえきんらんでを得意とする窯元に生まれた。日本伝統工芸展を中心に作品を発表。昭和56年(公社)日本工芸会正会員。平成13年紫綬褒章,同18年旭日小綬章。平成22年度文化庁企画工芸技術記録映画「釉裏金彩-吉田美統のわざ-」の製作に協力。
.
 吉田美統氏(本名稔みのる)は,昭和7年(1932)石川県小松市に明治以来続く九谷上絵付うわえつけ窯元である錦山窯に生まれました。父親が早世したので,高校在学中より陶技を学び,26年19歳で錦山窯三代目を継ぎました。早くから石川県工芸指導所の研究会に参加したり,九谷若手作家グループで研究会を設立するなど,九谷焼に新風を吹き込む活動を行っており,37?38年の2年間武蔵野美術短大特修生となり,工芸デザインを学んでいます。昭和49年第21回日本伝統工芸展に初入選。昭和59年日本工芸会奨励賞,平成4年高松宮記念賞,12年日本工芸会保持者賞を受賞し,13年重要無形文化財「釉裏金彩」の保持者に認定されました。

「釉裏金彩大山蓮華文鉢」 平成12年 石川県立美術館蔵
平成12年 石川県立美術館蔵

金襴手から釉裏金彩へ

 吉田氏が釉裏金彩に取り組むきっかけになったのは,重要無形文化財「色絵磁器」の保持者であった加藤かとう土師萌はじめ氏(1900~1968)の作品との出会いでした。錦山窯も金襴手を得意とする窯でしたが,表現法は細密画風でした。錦山窯の作風とは違う加藤氏の表現世界の美しさに魅せられ,金箔をより生かす技法として釉裏金彩に取り組むようになりました。釉裏金彩は昭和三十年代後半,石川県金沢市の陶芸家竹田たけだ有あり恒つね氏(1898~1976)が考案したもので,陶磁器に金箔などを貼り,その上に釉薬を掛けて焼きあげる技法で,金箔の扱い方,焼成法などに高度な技が駆使されます。

吉田美統氏の釉裏金彩

 一口に釉裏金彩といっても,竹田有恒氏の釉裏金彩と吉田氏のは違うのです。竹田氏の技法,表現法は,素地に金箔を貼り,その上に透明度の高い色釉を掛けて焼きあげ,金箔と色釉が混ざり合い,独特の奥行きのある深い味わいが出てくるところが見所となっています。金箔は,文様部分より背景に効果的に用いられることが多いのです。これに対して吉田氏の場合は,素地に色釉を掛け地色とし,その上に文様の形に切った金箔を貼って焼き付け,さらにその上に透明釉を掛けて焼きます。この方法では,金箔がそのまま文様として使用されるので,金箔の特性が効果的に発揮されているといえます。
.
花鳥と九谷五彩の世界

  文様は,幾何学文様から始まり,現在は花鳥文様が中心です。「釉裏金彩大山蓮華文鉢」は,花と蕾には厚手の箔を,葉には薄い箔を用いて作品に奥行きを持たせており,箔の部分にひっかき線文様を施したり,葉脈に金泥を用いたり,表現を豊かなものとしています。さらに,地文様は色釉の濃淡による放射線状の直線文として律動感を与えています。
 地色は,初期から手がける萌黄色が最も多いですが,研究を重ね九谷の五彩(緑?黄?紺青?紫?赤)を完成し,金箔と地色がすばらしい調和を見せる作品群を制作しています。また,モチーフも豊かになり,叙情性あふれる,格調高い釉裏金彩の世界を展開しています。 


注意事項
骨董品につきノンクレームノンリターンでお願いします。

商品は、保険をかけての発送になります。

状態等画像にてご判断下さい。

年代物、古物、美術品等をご理解できる方のみのご入札お願いします。

落札後のキャンセルは、10パーセント頂きます。

新規評価の低い方入札お断りする場合もありますので了承お願いします。

お支払方法

かんたん決済

その他
送料は当方負担で保険をかけて発送致します。

発送詳細
西濃運輸保険付発送 離島は別途かかります。
* * * この案内は、写真が増やせる無料のオークション支援システム いめーじあっぷで作成しました。 * * *
出价者 信用 价格 时间
8*Q*s*** 19 3100 2019-10-09T22:05:10+09:00
1*f*P*** 383 3000 2019-10-07T07:22:59+09:00
地址: 208-0023 東京都武蔵村山市伊奈平
国内客服电话:400-668-2606
E-mail:[email protected]
欢乐斗牛下载 //